2月7日はきゆづき先生の生誕日

きゆづき先生

2月7日はきゆづきさとこ先生の生誕日なので何かやろうと思っていたのですが、いつの間にか今日になってしまいました。
落書きですが、毎度のようにシバユウスケ先生準処できゆづき先生をば……。
ご本人はメガネは掛けられていらっしゃいませんでしたが、視力は悪いそうですので、家では掛けてらっしゃるかもしれません。

お元気に連載を続けられることをたのしみにしております。

tag : GA芸術科アートデザインクラス

line

棺担ぎのクロ クロとケイとニジュクとサンジュ

棺担ぎのクロ
例の冬コミ用の奴です。
二次創作においては、原作にあるシーンは再現してはいけない……が鉄則なのですが、
これは二度目なのでセーフ。

29日土曜日西地区"も"ブロック36bにて頒布予定の
『ひだまりファンタジーのクロ。~がんばれあたしたち~』
です。

ひだまりの方のR-18ゲームも出品します。そちらは先にDLで出ます……多分。
ほんとはもう予告が出ているはずなのですが、
現在メインPCがレンダリングで塞がっていて、登録作業はこのPCではできないので……。
line

棺担ぎのクロ 3Dクロちゃ試作

棺担ぎのクロ
あとはコートの裾をふわっとスカートみたいにして、金ボタンつけて……
クロは結構造形が難しい・・・
line

きゆづきさとこ先生の魅力に迫る

きゆづき先生おめでとうございます
 2/7はきゆづき先生のお誕生日ということで、ハワイ時間となりましたが、誕生日を記念して1枚描いてみました。ご本人の自画像が出てないので、シバユウスケ先生のきゆづき先生像より。描き慣れてないので、そのまんまになっちゃいましたけれど。
 さて、人気作家として愛されているきゆづき先生ですが、その魅力について語りたいと思います。

1.美術への情熱と、確かな画力
2.物語作りの技術
3.女性作家らしさを残しながらも、男性の気持ちがしっかりわかっている

(1) 美術への情熱と、確かな画力
 安心して見られる絵と、美術への情熱はきゆづき先生の一番の魅力ですね。

(2) 物語作りの技術
 基本通りで巧い見せ方だなーと思います。美術だけでなく、学生時代に映画かシナリオか小説の講座を受講していたのかな? という印象です。間違いなく、ちゃんと知識として習得している人が書いている内容です。
 ただしあくまで4コマ漫画ですので、ちょっと無理して詰めすぎてたり、慌てて伏線を張ったり、ネタで苦しんでいるようにも見えますけれど。

(3) 女性作家らしさを残しながらも、男性の気持ちがしっかりわかっている
 これも重要です。
 棺担ぎのクロ。は結構残酷な面もあるのですけれど、決してどろどろな内面描写の漫画ではありません。
 基本的に出てくる人物はいい人ばかりです。悪人のステロタイプとして作られた場合を除けば、みんな嫌味がなく、素直な心を持っています。
 女性作家にありがちなどろどろ破綻パターンが全く見られません。親しい兄弟、(恋愛感情を含まない)親しい男友達ののいる方は、そうなのですが、基本的なメンタリティがオトコノコだとこういう傾向なようです。
 きゆづき先生の知識や、趣味への強い情熱は男性的とも言えます。
 逆にニジュクとサンジュをクロが叱るシーンなんかは、逆に女性作家らしいですね。あの微妙なやり取りは男性作家には難しいです(実際に子育てを経験すればまた違うのですけれど)

 蒼樹うめ先生と較べた場合は、よりテクニカルな面が目立ちます。きゆづき先生の登場人物はより漫画的ディフォルメが施されており、それでいて作者の深遠までも受け継いでいるためにちょっと底が見えない感じです。
 ただ、技術と知識が駆使されている分だけ、きゆづき先生の作品というのは、模倣の対象となります。きゆづき先生の模倣をすることで、知識と技術の漫画への有効な転換を学ぶことができます。逆にうめ先生は天性のものが大きいので、模倣の対象にはならないですね。


・棺担ぎのクロ。3巻
 ケイと、機械人形の娘さんとのやり取りが好きです。
 上にも書いたのですが、嫌味がなくて、透明度の高い、とても綺麗な作品になっています。何度読んでも心に沁みます。

 さて、ラストシーンやキーポイントとなる部分のお話しは、間違いなくもう既にできているようですが、そこに至る過程で結構苦しんでいる印象。
 気になったのは『鏡の中の自分』が出てきた後で、大樹が見せる『もう一人の自分』との対話があったりなど、ネタに苦しんでるのかなーなどと愚考しました。
 重要なストーリーが進む合間合間で、旅先での小話のようなネタが入り込んできますけれど、どれだけ引き出しがあっても、そういったネタはいずれは枯れてしまうものです。
 4コマ漫画は、通常のストーリー漫画よりも展開が早いです。さらに次回へ引っ張るということもできないですために、ネタの消費が思いの外早いです。
 これだけ重厚な内容の漫画を4コマでやる人はいません。なかなかご苦労されたのではないかと思います。永らく休載がありましたし、連載再開ではいい具合にリフレッシュできてるでしょうね。

 明日がたのしみです。

・GA4巻
 GAの何が凄いって、美術部とGAのメンバーがずぶずぶにならずに群像劇のようにほんの少し袖を摺り合わせてまたそれぞれの日常に戻っていくなどの描写が凄いです。並の漫画家ならもうズブズブにしてgdgdになってるところですが、gdgd感全くなし。
 ゲーム版のキャラクターであるマリが出てきたりなど、サービス精神も旺盛。

 あと、きゆづき先生の漫画はカラーページがカラーで載ります。他のきららコミックスはモノクロです。なぜこんな違いが出るのかわかりませんけれど、きゆづき先生の漫画だけがこうなっているところに答えがありそうです。また、キャラ別に人気の差が出るとかわいそうだからと、アニメの時にも最近流行りの個別キャラソンCDが存在しませんでした。
 そして徹底的にいい人しか出てこない内容など、きゆづき先生って物凄くいい人なのかもしれませんね。ディテイルには作者の人格が滲み出るもんですから。
 しかも、それらの要素は決して媚びているのではないところがまた凄いです。

 実際に掲載誌を読むと差が歴然としているんですよ。本当にきゆづき先生はプロフェッショナルです。読んでいて気持ちのいい漫画って貴重ですからね、末永く連載を続けて欲しいですね。
 

 

theme : Fan Art
genre : Anime/Manga

line
line

line

バンダイチャンネル

違法配信を失くし公式の配信で視聴しましょう
TVスポンサーに頼らない新しいアニメ放送の形態に期待します

Profile

てすと荘

Author:てすと荘
連絡先:info@purple-ray.cside.to

line
Latest Entries
line
Latest Comments
line
Latest Trackbacks
line
Monthly Archive
line
Category
line
Search Form
line
RSS
line
Link
line
Add Friend Form

Add this person to blog friend

line
sub_line