吉里吉里からFLASHへ変数を送る

[macro name=flash]
;flashタグで変数がswfファイルへ送られるようになる
[playvideo * storage=&f.data]
[endmacro]

[video visible=true left=112 top=100 width=800 height=600 loop=false mode="overlay"]
[eval exp="f.test1=100"]
[eval exp="f.test2=200"]
[eval exp="f.nanikoko='なにココ'"]

[eval exp="f.data='ファイルネーム.swf?test1='+f.test1+'&test2='+f.test2+'&nanikoko='+f.nanikoko"]

[flash]

これで、test1、test2、nanikoko変数がflash側で管理できるようになりますす。ただし、呼び出しの時だけにしか引数は受け渡しができませんので、リアルタイムでの連携は無理ですが、単にFLASHを小間切れにしておけばいいだけです。

 あまり大量の変数は送れませんが、FLASHゲームに必要な変数を絞り込んでおけば問題ありません。逆はflash側からfscommandを呼び出すことで吉里吉里へ取り出せます。
 利点としては
1.FLASHのわけわからんセーブ機能を排除し、吉里吉里の栞で変数管理ができる。
2.FLASHと吉里吉里の完璧な連携
 flashゲームでの得点やステータスなどを吉里吉里とSwFで共有できます。
 FLASHと吉里吉里の連携できますので、アクションシーンはFLASHで、アドベンチャーシーンは吉里吉里で、といった使い方もできます。一番効果を発揮するのはアドベンチャーシーン+お触りエロゲーですけれど。

 欠点は
1.動的な連携はできない。
 FLASH       ――――↓     ――――・・・
 吉里吉里 ――――↑    ――――↑      ・・・
 このようにすべきです。

2.吉里吉里と同時起動しているとバグを起こしやすい。
 上の図のように吉里吉里→FLASH→吉里吉里・・・のような連携方法であれば回避できます。フラッシュを再生したらとにかくwaitを掛けておけばほとんど問題は発生しなくなります。
 スプライトを駆使したflashのキー操作関係はちょっとおかしいくなります。一次は問題解消できていたのですが、どうやったのかわからなくなってしまいました。
 一定の周期おきに、リセットがかかっているというのはわかるのですが・・・。fscommandoもたまに取りこぼすことがありますので、連発した方がいいかもしれません。

 あとの厄介な問題はFLASH再生中にフルスクリーン切り替えを行う際に画面が狂うことですが、FLASHよりも吉里吉里のサイズを大きくする、VGA用・ワイド用のコンフィグを用意してプレイヤーに選択して貰う等の対策しか思いつかないです。解像度切り替え方式は市販ゲームでもアス比が狂うか、表示の乱れることが多いです。
line
line

line

バンダイチャンネル

違法配信を失くし公式の配信で視聴しましょう
TVスポンサーに頼らない新しいアニメ放送の形態に期待します

Profile

てすと荘

Author:てすと荘
連絡先:info@purple-ray.cside.to

line
Latest Entries
line
Latest Comments
line
Latest Trackbacks
line
Monthly Archive
line
Category
line
Search Form
line
RSS
line
Link
line
Add Friend Form

Add this person to blog friend

line
sub_line